旅人と故郷






こんにちは。
船の契約を終え、日本に帰って来ているMITSです。

日本に帰って来るのは1年半振りです。

久しぶりの日本はやっぱりご飯がおいしくて、
どの街に行こうと安全な雰囲気に包まれてて、
改めて良い国だなぁと感じます。


だけど、何故か"故郷に帰って来たな"という感覚はありません。

名古屋の実家が自分が学生の時に住んでいた街とは違う街にあるということも関係しているでしょうし、
故郷の街の開発が進み以前とは違うお店がたくさん並び、
新しい道路が出来た事で風景が変わってきていることも関係しているでしょう。


今の自分にとって、

帰って来たなと感じる場所は、
留学中に住んでいたカリフォルニアの街です。

LAの空港に降り立つと、

"ああ、帰って来たなぁ"と感じます。

ここ5年毎年のように何度もカリフォルニアに行ってたからか、
今の僕にとってはカリフォルニアが帰りたい場所となって来ています。




旅が好きな人と旅人は、
僕の中では違った人だと思っています。

旅が好きな人はどれだけ旅に出ようと帰る故郷があり、帰りたい場所があります。

そして、楽しむ為の思い出を作る為の旅をします。


でも、

本当の旅人と呼べる人には帰る場所が無く、
帰りたいと思える故郷がありません。


だからこそ旅をし続ける事が出来ると言えるかもしれません。
そして目的は旅を楽しむことではなく、生きる為に旅をします。





帰る場所があって、待っている人が居るのはとても幸せな事です。

今の僕はいつでも帰れる場所があって、
いつでも迎えてくれる人々が居るからどこまでも旅をする事が出来ます。
見たいものを見る為に旅立てます。


だけど、旅人の生き方に憧れる自分もいます。

帰る場所が無い、
一生続く終わり無き旅に出て、
力尽きた場所で死ぬ。


そんな一生を送って見たいと思う自分が居ます。時代が違えばきっとそんな旅に出たのかなと思います。


もし自分が旅人になれば、
きっと、途中で生活に疲れ、
故郷と呼べる場所を探す事になるでしょう。


世界では今、故郷を捨てなくてはいけない人が増え続けて居ます。
海外の話だけではなく、
日本でも実際に起こっている事なので他人事ではありません。


たくさんの旅をしてきたからこそ、
旅の面白さと旅の大変さを知っています。


故郷があるのがどれだけ幸せな事なのかということを1人でも多くの人が知れば、その故郷をもっと大切にしようと行動する人が増えるでしょう。


海外に出れば故郷がどれほど大切で掛け替えのないものなのかを知る事が出来るでしょう。

それを外へ出ずに気づく事が出来れば良いのですが、

実際のところ、

外へ出ずにそれに気付ける人はほとんど居ないと思います。


だからこそ、僕は1人でも多くの人に一度海外へと出て欲しいと思います。

そうする事でもっと日本の事が、故郷の事がわかると思います。

そして故郷の為に日本の為に行動する人が増えてくれれば日本はもっとより良い国へと変わっていくでしょう。


また、日本の生活が合わないと感じる人もいるでしょう。
それは外国人に限らず日本人にも言えます。

逆に言えば、日本の生活が合うと感じる外国人もいる事でしょう。



日本人とはどういう人のことを言うのでしょうか?



日本で生まれた人だけの事を指すのでしょうか?

日本人の血が流れている人だけの事を言うのでしょうか?

日本の伝統とマナーと歴史を知り、日本の心を持っている人の事を言うのでしょうか?

見た目が今までの日本人と同じような人の事を言うのでしょうか?

日本国籍を持っている人の事を指すのでしょうか?

日本で何十年と住んでいる人の事を言うのでしょうか?

日本を想い日本の為に行動をしている人の事を言うのでしょうか?

日本に住み、税金を納め、日本で働いている人の事を言うのでしょうか?

日本のパスポートを持っている人の事を言うのでしょうか?




人それぞれ考えは違うので、
一言で何が日本人と定め、
それを他人にも認めさせることは難しいように思います。


僕が思う日本人であるということの証明は心にあると思っています。


見た目が違えど、国籍が違えど、住んでいる場所が違えど、流れている血が違えど、考え方が違えど、日本の心を持っている人は日本人だと認められて良いのではないかと思います。


なので、今後、日本の心を持った外国人を日本人だと認め、歓迎出来るような国に日本がなってくれればと思っています。


そして、日本が自分には合わないと感じる子を認め、彼らが住みやすい、合っている国へと移住してそこの国の人へとなれるような世界へと世界中の国が変わって行ければ良いなと思います。


自分を知り、
他人を認め、
自分の意見を主張し、
相手の意見を尊重し、
お互いの生き方や考え方を受け容れる事が出来る世の中へと世界が変わっていけば、
自ずと争いの無い世界へと変わっていくのかなと思います。



僕には故郷と呼べる場所がありますが、
新たな故郷と呼べる場所を探しています。


それはきっと日本では無いと感じています。

どこの国のどこの街になるのかわかりませんが、いつか故郷と呼べる場所を見つけた時は、
その国の心を持ち、
その国の人間と認められる人となりたいと思います。


そして、将来同じように母国と違う場所に安らぎを求める人が受け入られやすい世界へと国々が変わって行ける世の中を作る手助けが出来ればなぁと漠然と考えています。



まだまだ夢を追いかけ、
世界中を旅したいので、
どこかに拠点を持つつもりはありませんが、
いつの日か故郷と言える場所にたどり着ければなと思います。


その前に一度、本当の意味での旅人にもなりたいな〜と思っています。



やりたい事がたくさんあって、
生きたい生き方がたくさんあり、
体が足りないと感じていますが、

一つに絞らず、

全てを叶える道を探して行こうと思います。



一度きりの人生、
やりたいように生きたいように生きるのが一番ですね。


MITS

関連記事
スポンサーサイト
何かを受け取れる人より何かを与えれる人にわたしはなりたい | Home | MITSを通して見える世界、MITSが考える未来。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する