時には夢の話をしようか







僕の大好きな映画に"紅の豚"という作品があります。 



もともとジブリ作品が好きなのですが、
 
その中でもナウシカ、もののけ姫と並んで紅の豚豚が大好きです。 



そのエンディング・テーマで"時には昔の話を"という歌があります。

 主人公である豚の想い人ジーナの声優を務めた加藤登紀子さんが唄う歌です。 





僕はこの歌が好きでよくBGMとして部屋で流しています。






 僕が好きな漫画に"ブラックジャック"という作品があります。


 知らない人の方が少ないマンガかと思います。 

何度もアニメ化、映画化された巨匠手塚治虫の作品です。 



初めて読んだのは医者であるおじいちゃん家の本棚にあった文庫版のものでした。 



それから何度も読み返し、 
アニメや映画も何度も見返して来ました。 


特に大塚明夫さんがブラックジャックの声優をしているものが好きで、

個人的にはハマリ役だと思っています。





 今はヤングブラックジャックというブラックジャックの若い頃を書いた作品がチャンピオンで連載しています。 


ブラックジャック好き、手塚治虫作品好きな人には楽しめるものだと思いますので、



 まだ読んでない人は読んでみると良いかと。 






ブラックジャックが僕の人生に
理想の治療家像に少なからず影響を与えています。




 今まで僕は将来の夢としてNFLで働く事を書いてきました。 


それは今も変わりません。 


しかし、

他の夢があるのも確かです。 



夢というより生き方と言った方が良いかもしれません。 






それは一つの場所に縛られず、 

色々な場所を周りながら治療をするということ。 








アメリカに住めるのであればきっとキャンピングカーを買って移動しながら生活をする事でしょう。


 それと同じように世界中を周りながら治療が出来ればなって考えてます。 


鍼治療を求めてくれる人がいればその街や村へ行き数ヶ月滞在してそこに住む人たちを治す。 


治療だけじゃなく、 
食事指導、
生活指導、
運動指導もして、


 治療なしでも自分で身体をよくして行ける状況までもっていく。 



そして、次の街、村へと移る。 




もちろんベースとなる家はどこかに持つ事にはなるけど、
 依頼があれば世界中どこへでも治療をしに出掛ける。 




要はブラックジャックのような生活を送りたいという事。



 外科手術をするわけではなくあくまで鍼灸師としての治療となるけど、
 それでも助けれる人は多くいるだろうし、
 鍼治療を求めるが鍼治療を受けられない人は世界にはたくさん居る。 




そんな人達を助ける事が出来たら良いなと思う。 

最終目標は全ての人が治療を必要としなくなること。 


その為には学ぶべき事がまだまだたくさんあるけど、 
そうする為に何を学ばなくてはいけないかはもう分かって居るし、 
その為の勉強は始めている。 




次のステージへと登る為に必要なことは分かっている。 


あとはやるだけ。 






簡単な道ではないが、

 不可能な道では無い。



 夢物語かもしれないけど、

 たまにはそんな夢を語るのも悪く無いだろう。 



絶対的な技術と 
膨大な知識と知恵 
誰にも負けない経験 


そして治療家として人として患者を想う心を忘れなければ、 

きっと夢物語が夢物語じゃなくなる日が来ると僕は信じています。 




全ては自分がどれだけ本気で考え行動をするか次第。 


まだ話していないたくさんの夢を僕は抱えている。 





これからの世の中はどんな夢も叶え得る可能性が広がっている。 



今まで誰もが想像し得なかった世界がそう遠く無い未来に待っている。 

全ては自分次第。 



これからも夢を夢物語で終わらせないように僕は日々1歩1歩進み続けて行きます。 



Mits 



関連記事
スポンサーサイト
何かに嫌気がさした時に読む記事 | Home | インド人だから臭いのか、たまたま臭かったのがインド人だっただけなのか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する