FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最高の死に方とは?






人は生まれながらにして平等ではない。

目を背けたくなるかもしれないが、
それが現実だ。



だけど、
全ての人に平等に訪れるものがある。



それは、"死"



おそらくほとんどの人が死を恐れているんじゃないかと思う。


なぜ、人は死を恐れるのか。

理由は人それぞれだろうけど、
結局は、それは誰も経験した事がない事で、
死んだらどうなるのか、
死ぬとどう感じるのかを誰も実体験から話す事が出来ない、
つまり誰1人としてそれを知らないから恐れるのではないかと思う。





人間は誰しも知らないことを恐れる。
そして、
多くの人は知らないことに目を向けず、
目を背けて生きている。

だから、死が怖いんだ。






なんで死ぬのが怖いの?
と聞いてしっかりとした理由を上げれて死を怖がっている人を僕は今まで見た事がない。

死ぬのが怖いと言う人に、何で?と聞いて納得できる答えもらったことが僕は一度もない。
大体みんな、わからないけど怖いと言って話が終わる。





正直行って、
死が怖いと言う気持ちは僕には理解出来ない。

僕は死ぬのは怖くない。
死とはいつも向き合っているつもりだ。
しっかりと死を見つめているつもりだ。
そして、自分の命とも向き合ってるつもりだ。


死が怖いと言ってる人は、
単に想像力が足りないのか、
現実から目を背けている人なんじゃないかと僕は思う。


自分がいつどこで死ぬことになるのかは誰にもわからない。
それでもいつ死に直面しても慌てないように死と向き合う事は出来る。
誰にでも出来る。
あるのはやるかやらないかの違いだけ。


僕は常々、長生きをしたくないと思っている。
太く短く生きれればそれで良いと思ってる。
かと言って簡単に死ぬつもりはない。
健康には気を使っているし、
食事と運動と思考、そして呼吸に気を使ってるおかげで体調はすこぶる良好だ。


口ではもう歳で衰えを感じ始めたなんて言うこともあるけど、
実際のところ26年間生きてきた中で今が一番調子が良いと思っている。
頭の回転も記憶力も体の使い方も全盛期だ。
単純な体力だけは高校で部活をやっていた時には敵わないだろうけど、
トレーニングさえすればすぐに追い越せるような気がしてる。
過信かもしれないけど。




そんな今だからこそ、
僕は自分の死と向き合おうと思う。





理想を言えばやっぱり身体がまだしっかりと動くうちに死にたい。

クルーズで働いていると60-90歳代のゲストを治療することがほとんど。
そんな彼らから頂く多くのアドバイスの1つが、

Don't get old
つまり歳を取るなと。
歳を取ると身体が思うように動かず痛いところだらけだと彼らは言う。




だから僕は歳を取る前に死にたい。
60代で死ぬのがベストなんじゃないかと個人的には思ってる。



そんな話をスパの同僚としたら、
逆にみんなは60歳は若すぎる。もっと長生きしたいと言う。

成長した子供を
そして孫の成長を見たくないのかと彼らは言う。


両親には申し訳ないけど、
正直結婚する気も子供を授かりたいという気持ちも僕にはない。
将来はわからないけど、
とりあえず今の僕にはない。





そんな僕が考える最高の死に方は何か。




とりあえず街での事故死や事件に巻き込まれての死は痛そうだから嫌だな。

病気で死ぬのは絶対になし。
健康管理を仕事とする鍼灸師が病気で死ぬなんて滑稽だと思う。
他人を管理する前に自己管理をしろ。と僕は思う。


戦争に行って死ぬのもなしだな。
というか戦争をしには絶対に行かない。
戦地に人助けに行く可能性は無くもないから戦地で死ぬ可能性はゼロではないだろうが、
線は薄いかな。




老衰

いや、無いな。
たぶん、多くの人が老衰で穏やかな死を望むんじゃないかと思う。


スパの子も大体そう言ってたし。

だがしかし、
老衰するには歳を取らねばならん。
歳を取るなというのがゲストからの教えだから却下。




殺人鬼に殺されるのは出来れば避けたい。

だから、そもそも殺人に巻き込まれそうな状況から距離を置くことを常に心掛けてる。
農村では大体テロは起きない。
やっぱり都会より地方だな。
大陸より島だな。



自然災害で死ぬのも個人的には無しだ。

自然災害で死ぬのは、準備不足。
想像力の欠除、判断を間違うせいだと思う。
あらかじめ予測して準備をしておけばほぼ自然災害で死ぬ事はないんじゃないかと思う。
日本に住んでたら自然災害にあわないでいる事は難しいのかもしれない。

じゃあ、日本に住まなければ良いんじゃね?
発想の転換である。
人にとって何が大事なのかは人それぞれ。
僕にとって日本は絶対に住みたい場所ではもうない。




昔は姥捨山なんてものがあった。

死期を悟って村を出る老人もいたのかもしれない。

僕はそんな事はしない。
そもそも、死期を悟れるほど老け込みたくないからそもそも死にに行くという発想
打ち捨てられるという発想は却下


死が回避出来ないと知っても最後の最後まで僕はあがきたい。
60代で死にたいと言うのと矛盾してるかもしれないけど、
やっぱり僕はそこに生きる可能性があるのなら最後までもがくだろう。
必死に生きようとするだろう。
だって親からもらった大切な命なんだから。






僕は一度死んでいる。















ようなものだ。


生まれてくる時
僕の首にはへその緒が絡まっていた。
帝王切開で僕は生まれてきた。

文字通り、母がお腹を痛めて生まれて来た。


帝王切開は出産の後、
しばらくは傷跡が疼き、
痛みが続くそうだ。

帝王切開は楽で良いね。
なんて思ってる人がいるのなら、
自分の無知さを恥じると良い。

もし誰かに帝王切開は楽でよかったわねなんて心無い言葉を投げかけた人がいるなら、
自分の無神経さと想像力の無さを恥じて投げかけた相手に土下座して謝って来い。





話がそれた。
ので、戻そう。



そう、僕は生まれてくる時に死んでいてもおかしくなかったのだ。
エコーのない時代だったら僕は死産だっかもしれない。


そんな命だからこそ
僕は誰かの為にこの命を燃やし尽くそうと思う。






そんな僕にとって最高の死に方はなんなのか。

やっぱり誰かの為に死ぬ事だと思う。
誰かを助けようとして最後の最後までもがいて死ぬ。



そんな死に方がね。
良いんじゃないかなって思う。




船を降りたら趣味で登山とダイビングを本格的に始めようと思ってる。



両方とも一歩間違えれば死が待ってる世界

海で溺れて死ぬか。
山で凍えて死ぬか。
(滑落は却下)

死に方がなんとなく見えたかなって思う。





褒められた事じゃないかもしれないし、
人に迷惑をかける死に方かもしれないけど、

8000メートルの雪山にチャレンジして全力を尽くして力尽きて死ぬってカッコいいなって僕は思う。
死ぬつもりは毛頭無いけどね。



いつかね
エベレストにね

登ってみたいんだよね。




うちの家系は両親ともに長生きだからきっとよっぽどの事がなければ僕も90歳以上、
もしかしたら100歳以上生きてしまうんじゃないかと思うんだけど、
やっぱりそこまで生きたくはないなぁって思う。




生まれてくる時代を間違えたかな。


死を身近に感じる世界
人を生かす職業だからこそ
死に近づく人と接する事が多い職業だからこそ
命の炎を最後まで大きく燃やし続けてフッと消える生き方に憧れるのかな。



死を見つめる事で。
生が見えてくる。

あなたはどんな死に方、
どんな人生を望みますか?

MITS
fc2blog_201711040415553d4.jpg 
関連記事
スポンサーサイト
ブログ移設のお知らせ | Home | 同じチャンスは2度訪れない

コメント

死を見つめて生を考える

タイトルの言葉は、大学病院の先生が言ってた言葉です。まっつんの死を考える姿勢はすごく共感する。私も死を考えるからこそ、こうしたいと言うのが言えるようになってきたし行動が出来るようになったよ。明日、死んでも後悔がない生き方をしたいと常々思う。死を考えると自分が消えると思うから恐怖が起きるんだと思う。基本的に、自分はいくつまでいきるだろうって思い込みがあるから死を考える事がないんじゃないかな?最近は、夢も沢山出来て、それを叶えたい気持ちを原動力にして死から目を逸らさない自分でいれるように覚悟を持っていきてるよ✨
まっつんと色々と話したら朝まで話せそうだわ^ ^

2017/11/05 (Sun) 16:54 | 平間涼子 #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。