FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霧が晴れたら




アメリカ縦断シリーズ3回目です。

1と2を読んでない方はそちらもどうぞ
1:かわいいこには旅をさせよ
2:平常心、それは魔法の言葉



アメリカ縦断の旅3日目

今日は、ちょっと寄り道。移動はなし。


むしろこっちがメインで、
この日のためにアメリカ縦断旅行をしようって決めたと言ってもいいくらい僕にとって重要な日でした。







オレゴン州立大学(OSU)アスレティックトレーニングルームに見学へGO

(アスレティックトレーニングルームって何?って方への補足。

簡単に言うと大学のクラブに入っている選手が怪我の処置を受けたり、テーピングを巻いてもらったり、リハビリをしたり、
アスレティックトレーナーからサポートを受けれる所です。

アメリカの大学のアスレティックトレーニングルームは、設備がすごく充実しているので、
日本のプロスポーツチーム並、むしろそれ以上の設備が整っています。)



泊まっているホテルから大学までは歩くと約45分。

普通ならバスやタクシーを使ったり、車で行く所ですが、

僕が選んだ手段は、走る。



理由:
バスの時間を調べるのがめんどくさい。
タクシー代がもったいない。
走っていけるでしょ。
ていうか車がない。自転車もない。こんなときに近くに車をもった知り合いが居れば...






コーバリスの街をゆっくり満喫しながら行こうと思ってたのですが、
出発前に準備に意外と時間がかかってしまって余裕を持って出発するどころか
ギリギリになってしまい待ち合わせの時間まであと25分って所でホテルをでました。

ひたすら走り続け到着したのは7:59。
汗だくでした。
でも遅れなくてよかった。ほんとに...


後悔?
してないよ。いやほんと。走るって気持ちいい!
(本音:車があれば...)




OSUについてからヘッドアスレティックトレーナーの磯有理子さんにご挨拶。


この方、有理子さん。
footballのトレーナーではすごく有名な方。


NFL初の女性のアスレティックトレーナーだった方です。
彼女が所属していたピッツバーグ・スティーラーズはNFLスーパーボウルで何度も優勝しており、
彼女もチャンピオンリングを持っています。

今まで日本人選手でNFLのチームと契約した選手はまだ1人もいないので、
このチャンピオンリングを持っている日本人は彼女だけなんです。

もっと詳しく知りたいという方はこちらをチェックしてみてください。
NFLからカレッジへ!女性トレーナー磯さんの功績とは?【前編】
ウィキペディア:磯有理子


Mits and 有理子さん
with Ariko


僕が有理子さんを初めて知ったのは、
2009年のスーパーボウルで彼女がテレビ中継に映っていた時でした。


ちょうどその頃高校生だった僕は、
アスレティックトレーナーになろうと漠然と考えていたので、
こんな大舞台で自分も働けたらなーなんて憧れたのを今でも覚えています。


そう、僕にとって有理子さんは、
野球少年にとってのダルビッシュやマー君、
サッカー少年にとっての香川や本田のような存在なのです。



そんな彼女に会う為、僕の夢であるNFLのトレーナーになる為に


連絡先を調べて、
面識も無いし、紹介してくれる人も誰もいなかったけど自分からメールを送り、


是非会って話したいという事、
自分の現状についてや将来の目標、どうやって夢までたどり着こうと考えているかを伝えました。




正直、返信が返ってくるとは思ってませんでした。


だって、いきなり知らない人から連絡が来たらそれを読んでくれるとは限らないし、
仕事のメールがたくさんあって忙しいだろうから。
それに返信してもなんのメリットも無いし。



でも、有理子は連絡をくれて、
自分の進路相談にも乗ってくれて、
大学に見学に行きたいと言ったらいつでもおいでとOKしてくれました。



初めて連絡したのが去年の10月で、
いろいろとやり取りをして準備をしてやっと大学に見学に行けたのが7月23日。


Footballの練習を少しみて、
トレーニングルーム内を好きに見さしてもらって、
自分の悩みやNFLに行くのには何をしないといけないのか、
どんな大学に進学したらいいのかなどなどいろいろな話をして頂きました。


たった1日だけだったけど、
直接日本に帰らずにアメリカに来るという選択をして良かったです。


船の生活が充実しすぎてて、
ちょっと自分の夢への道のりがブレかけていたので、
今回OSUで有理子さんに会って自分が何を本当にしたいのか、
何をしないといけないのかがはっきりして今はとても心がすっきりしています。

頭の中の霧が晴れた感じです。
初心を忘れずにまたこれからも頑張っていけそうです。



まだまだ夢への道のりは長いけど、
1歩1歩進んで行こうと思います。


今回、OSUに来て感じたこと。

憧れがいつしか超えるべき目標に変わってたということ。
そして2年前にカリフォルニアに語学留学中に別の大学のアスレティックトレーニングルームに見学に行った時より格段に英語が理解できるようになっていたということ。

やっぱり船で7ヶ月半働いていたおかげで英語力はかなり伸びているみたいです♪


今日はこのへんで。
明日は、寄り道を終えアメリカ縦断の旅再開です。


「次回予告」

チャイニーズ?いや、ジャパニーズです。
やっぱり日本食が一番だね♪
暇だ... それは幸せということ。
一期一会。素敵です!


次回: 「レイルトレーサー

お・た・の・し・み・に♪



おまけ

大学のスタジアム。Jリーグのスタジアムよりデカいです。
Reser Stadium

大学への道
Corvallis2

Corvallis1


Maple tree
Apple tree
関連記事
スポンサーサイト
レイルトレーサー | Home | 平常心、それは魔法の言葉

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。