FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トンネルの向こうに




アメリカ縦断シーリズも今回で最後です。


カナダ・バンクーバーから出発した旅は目的地カリフォルニア・アーバインで終わります。

1~4を読んでない方はこちらもどうぞ!
1:かわいいこには旅をさせよ
2:平常心、それは魔法の言葉
3:霧が晴れたら
4:レイルトレーサー



前回はオレゴン・オールバニーからカリフォルニア・ロスアンゼルスまで
29時間かけて移動する列車に乗ったという所で終わりました。


今回は、列車の中での過ごし方、
有り余る時間の使い方を書いていこうと思います。


列車に乗ったのは夕方4時、
座った座席はお隣さんがいなかったので2席分を一人で使っていました。



最初の30分くらいは写真を撮ったり、外の景色を眺めたりしていましたが、
とりあえず眠くなったので仮眠をとることに。
3時間くらい寝て。今度は食堂車にディナーを食べに行きました。

食堂車での食事は予約制で、事前に予約をします。


寝起きだったので半分寝ぼけながら案内されたテーブルで同席したのは、
シアトルからサンフランシスコに向かうボブ(仮)年齢50代後半、職業:自営業
サンフランシスコ在住、夫婦で旅行中のトム(仮)&クリスティーナ(仮) 年齢40代前半、職業:教師
の3人でした。


初対面の僕らは挨拶をして食事を楽しみながら
どこから来たのか、どんな旅をしているのかということから
お互いの人生のこと、仕事の事までいろいろと語り合いました。

この人生の先輩方からのアドバイスで、
ぼくは来年ヨーロッパにバックパックを背負って旅をする事を決めました。


7時過ぎから始まったディナーは気がつけば9時を過ぎ、
楽しい時間を惜しみながらもそれぞれの車両に戻って行きました。



それから座席で少し本を読んでこの日は11時頃に寝ました。
途中寒くて2度ほど起きてトイレに行きましたが、
なんとか座りながらもぐっすり寝ることが出来ました。

ちなみに食後に隣に人が乗ってきたので横になって寝ることは出来ませんでした。



列車に乗っていて面白いなと思った事は、
当たり前だけど、みんな寝方が違うってこと。

カップルなんかはお互い寄り添うにして肩にもたれかかって寝ていました(ちょっとうらやましかった)

他にも窓にもたれかかって寝ている人、
座席を倒してまっすぐミイラのように寝ている人、
ダンゴムシのように体を丸めて寝ている人(ぼくです)、


などなどいろいろといましたが、
一番衝撃的だったのは、ぼくのお隣のおじいちゃん。


座席をまったく倒さずまっすぐ座ったままの状態で口をあけて寝ていました。
よく前に倒れずに寝ているなーとか、
おじいちゃんしんでるんじゃないか?なんて疑ったりもしましたが、
朝まで姿勢を変えずにぐっすり寝ていました。



よくあの姿勢のまま寝れるもんだと感心しました(どうでもいいですね)




そして朝食、昼食とまた新しいく会う乗客の方と雑談をしながらお食事。


話してて思ったのは、アメリカ人のおばちゃんは全然人の話を聞かずにしゃべりまくるってこと。
まあ、わかっちゃいたけどね。

その話隣の人がもう3回くらいしたっていうのにまた同じ質問をしたり、
正直興味がない話題を延々と語ったり、
職業鍼灸師だって説明したはずなのにマンハッタンの大学はビジネスの歴史を勉強をするのにすごくいいから行きなさいっておすすめされたり、
本当に人間味にあふれるかた達ばかりでした(笑)




普段ではまったく接点がない人と話が出来るのは列車の旅の醍醐味ですね!



そして、自分の車両に戻ってからは外を眺めてぼーっとしたり、
PCに入れてある映画をみたり、
音楽を聴いたりしてのんびり過ごしていました。


そして夜の21時過ぎにLos Angelesの駅に到着して、
カリフォルニアに住んでいるいとこに迎えに来てもらって
その夜は、いとこのボーイフレンドの実家でお泊りさせてもらって、
次の日の朝に親戚の家のあるアーバインに到着しました。




旅路の景色

カリフォルニア海岸沿いのオーシャンビュー
オーシャンビュー

キャンピングカーがいっぱい泊まっている小さなベイ
サーフの名所?

いい波のあるビーチ
サーファーと海

遠くまで広がる湖
広がる湖

荒野、遠くまで広がる緑、人間がまったくいない大自然
列車が行くよ
緑がいっぱい
広大な大地

ぽつんと佇むお家
海・家



列車に乗ってる間は、ネットがまったく使えなかったので、
いろいろと考え事をする事が出来ました。


将来のこと
仕事のこと
家族のこと



飛行機で行けば3時間とかからない距離を5日間かけて移動した今回のアメリカ縦断の旅は、
自分が何をしたいのか、
どう生きていきたいのか、
何の為に日本を出たのかを考える良い機会になりました。



たまには、時間を気にせずにゆっくりと旅行をするのも良いと思います。

きっと、自分を見つめ直すいい機会になります。
そして大自然をみることで自分のちっぽけさ、世界の広さを良い意味で再確認出来ると思います。



今回の旅で決めたこと。


夢を絶対に叶えるということ(改めて)
だけど焦らず時間がかかってもいいから楽しみながら目標に向かって進むということ
来年はバックパックを背負ってヨーロッパに行くこと
年に1度は時間を気にしない旅行に行くこと



今回の旅。

移動距離約2000キロ
かかった時間5日間
かかった金額約7万円

考えていたより充実した旅になりました。

でも、次回は誰かと一緒に行きたいなと思いました。
やっぱり一人旅はちょっぴり寂しかった(居たら居たでめんどくさいのだけれども)。



ということで全5回にわけてお送りしてきたアメリカ縦断シリーズは今回でおしまいです。

もしかしたら番外編なんてのを書くかもしれません。



この旅でいろいろな経験をする事が出来たので、
少しでも誰かにそれをシェア出来たらと思いこのシリーズを書かせて頂きました。

下手くそな文章でしたが、何かを感じて、僕も私も旅に出てみようという気持ちになって頂けたら幸いです。



次からは船での生活の事に戻って書いていく予定ですので、
またそちらもお楽しみください。


ではでは、また次回まで!

チャオ!
関連記事
スポンサーサイト
食生活 on the Sea | Home | レイルトレーサー

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。