FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目に見えないもの






オカルトチックな話をしよう

もしかしたらそれは君にとって受け入れがたい話かもしれない


はたまた、すんなり信じられる話かもしれない






治療をしているとたまに興味深い話に出くわすことがあります


今日はある一人の女性の話をしよう

名前はサラとしておこう




サラはとても感受性豊かな女性だ

敏感な体の持ち主だと言い換えることが出来るかもしれない




僕は普段治療をするときは、患者さんに西洋医学的に説明をすることを心がけています
なぜなら、船では東洋医学的に説明して理解出来る患者さんはまれなので
まあ、船に限ったことではないのかもしれないけど。。。



しかし、ごく稀に気を感じれる人が治療を受けに来ます
これくらいならまだ驚くことではないのだけど、
サラの体験談はその遥か斜め上を行く







初め、問診をしている時はお互いにいわゆる一般的な話をして治療方針を決めていたのだけど、
治療をしていくうちにいろいろな話を聞くことができた





サラは以前乳ガンを患っていた

ガンは完治しているが、ガンの治療の為にキモセラピーをしてから体が変わってしまったのだ

体は敏感になり、薬が使えず、腎臓に石が出来、関節リウマチを発症した

キモセラピーの後、何があったわけでもなく怒りっぽくなったり、悲しくなったり、感情が不安定になったそうだ
不安症、鬱っぽくなったと言えるだろう

ちなみにキモセラピーとは免疫力を抑えててガンを治療する方法

そう、化学療法が体を変えてしまったのだ


正直なところ、これくらいであれば東洋医学的に説明出来る範囲の話です


興味深いのはこれから



なぜ、サラはガンになったのだろうか?

サラには心当たりがあった


サラは治療を始めて少し経った時に
「私は人に直接触ることはしない」と言った

「人に触るとエナジーを持ってかれてしまうから」と


エナジー、気と言い換えてもいだろう




サラがエナジーを人に与えれるようになってから4ヶ月後にガンが発症した



そう、サラはエナジーを人に与え過ぎたが為に自分のエナジーが少なくなりガンを発症したと言っているのだ


ちなみにサラの旦那さんはクリスタルを使って人を治すそうだ




あなたはこの話を信じるだろうか?


僕は信じる
実際に気を操っているわけだしね





別の話をしよう


サラは原因不明の痛みに襲われることが幾度かあった

しかし、それは彼女の痛みではない




何を言っているのか?


つまり、他人の痛みを彼女が感じていたということだ




ある日、彼女が友達の家へと向かっていた時、原因不明の脚の痛みで歩くことが出来なくなった
しばらくして痛みが引き、友達の家へと着くと友達が彼女が痛みを感じた脚の同じ所に怪我を負っていたそうだ


また別の話、
ある日の朝、彼女が目覚めると体が凍えていて体をまったく動かすことが出来なかったそうだ
スチームサウナを使ったりお風呂に入って体を温めていたが、24時間体の凍えが収まらなかったそうだ



数日後にわかったそうだが、彼女が凍えて目を覚ました日に彼女の家の近くの湖で溺れた子がいたそうだ
時期は11月、湖に落ちれば凍えてもおかしくない



他人の痛みや体験を感じることが出来る
勝手に感じてしまう
敏感であるが故の悩み



特別な体であることに違いはないが、
彼女は身体をエナジーをコントロール出来ていないが故に問題を抱えていると言えるであろう

どうしたらコントロールできるようになるのか…



サラはエナジーを感じ操る以外に
相手の未来を見たり、体の健康状態、妊娠しているかどうか、
また、病状の深刻さをみる事ができる

彼女には子供が4人居るのだが、
そのうち3人は検査をする前に自分が妊娠したことに気づいたそうだ

その他にもたくさん彼女から興味深い話を聞くことが出来た




ちなみに僕が彼女を治療した時は、普段はやらない気を操る方法で治療をしていたのだが、その時に彼女から「結婚する予定はあるの?」という質問をされた



相手もいないし、まだ予定はないけどなんで?って僕は聞き返した



サラは僕が彼女のお腹に触れている時に僕が子供と遊んでいるビジョンが見えたそうだ


子供は好きだし出来れば早く欲しいけど結婚はどうなるかわからないなとサラに伝えると


あなたは奥さんをよく愛してたくさんの子供に恵まれるだろうとサラから言われた





今のところ結婚する気はまったくと言っていいほど無いが、
将来幸せな家庭を築けるのならそれに越したことはない


とりあえず今は、サラの言葉を信じて楽しみにしておこう




サラへの治療は自分が見えていない、感じていないところまで相手が感じているので楽しくもあるが少しプレッシャーを感じていた

言葉に出来ない感覚を
普段なんとなく掴んでいる感覚を
相手に言葉で説明しないといけないからね



でも、自分の感覚を言葉にすることと相手の感覚を聞くことでいつもより深いところまで相手の気を感じることが出来た



この体験が今後の僕の治療に大きな影響を与えるだろうと

なんとなくだが今はそんな気がしている



オカルトのような出来事に出会える楽しい人生、
それが僕の治療家人生



人をみるってやはり面白い

Mits

顔岩ボブマーリー

関連記事
スポンサーサイト
2015年突入 僕にとってそれはパンドラの箱を開けるようなもの | Home | 出会い。それは偶然であり必然である

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。