FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアクルーズに行くなら。

 

 

今日はクルーズ船のご紹介!

 

 

先日契約を終え僕が降りた船を紹介していこうと思います
(乗ってる間にやれよ!という天からのツッコミは無視して行きましょう笑)

 

 

 

 

 

僕が乗っていたのはP&O AustraliaPacific Edenという船

 

 

Pacific Eden

_MG_3593.jpg  

 

 

ゲストはMAX1200人乗り、クルーの数は600人です。

この船は、P&O Australiaの新しい船で、2015年の11月に航海を始めました。

 

 

といっても新しく作られた船というわけではなく、Holland AmericaStatendamという船を改装して作られているので、船自体は古いです。

 

 

僕はこの船にオープニング前、改装中から乗っているので、いろいろな裏話なんかも知っていますが、ここでは話せないようなこともあるので今日は話せる内容だけにとどめておきます。

 

 

 

 

 

P&O Australiaは、オーストラリアと付いていることからもわかると思いますが、

オーストラリアをメインポートとして航海をする船です。

なので、乗ってくる乗客の大半はオーストラリア人です。

 

 

ちなみにP&O Australiaは現在5隻船を持っていて、今後もう1隻追加する予定だそうです。

 

 

 

 

 

Pacific Edenは1階から3階までクルーエリア、4階から14階までがゲストエリアの13階建ての作りになっています。

 

 

ここで「あれ?1から14ってことは14階建てじゃないの?」と不思議に思う方がいるかもしれませんが、

 

13は忌み数なので船には13階というフロアがなく、

14階があっても全13階層になってます。

 

 

 

 

 

航路は毎月、毎年変わるので今後の予定はわかりませんが、

僕が乗っていた5ヶ月の間にPacific EdenPerth, Melbourne, Sydney, Adelaideと4つの港をホームポートとし、ニューカレドニアやバヌアツなどのSouth Pacific Cruise, オーストラリア沿岸を公開するCoastal cruise, 3日間や4日間の短いComedy cruiseWine Crusie, バリなどインドネシアをめぐるAsia crusieを行っていました。

 

 

クルーズの日数は最短3日、最長で11日とショートクルーズとロングクルーズ両方を行うクルーズ船です。

 

 

クルーズ船の中にはもっと長い30日間とか60日間、ワールドクルーズになると100日間を越えるクルーズもあったりするので11日間は大した日数ではありませんが、ぼくらは5日間以下をショートクルーズ、10日間以上をロングクルーズと分けてます。

 

 

ちなみにクルーからするとショートクルーズの方が大変です。

特にキャビンの清掃をするキャビンスチュアートだったり、バーテンダー、レストランスタッフからすると連続でショートクルーズがあるとめちゃくちゃ忙しくてみな疲れ果てます。

 

 

スパのセラピストからするとショートクルーズはゲストの入れ替わりが多い分忙しくなるので稼ぎはよくなるのですが、休みが取れないので体がボロボロになるので連続であるとやはりきついです。

 

 

鍼灸師はショートクルーズにあらゆる面で向いてません。

 

 

 

 

 

このままだと船の愚痴が際限なく出てきそうなので、船内の紹介に移りたいと思います。

 

 

 

 

まず、船に入って最初に目にするのはエントランス

 

 

_MG_2915.jpg 



_MG_2917.jpg 



_MG_2918.jpg 


_MG_2916.jpg  

 

 

 

 

 

 

 

たぶんここが一番綺麗に作られてるところだと思います。ゲストを迎える大事なところですからね。

 

 

 

 

船内にはバーがいくつもあります

 

Ocean Bar

_MG_2910.jpg 

 

 

 

 

こちらはこの船の目玉とも言えるBlue Room

 _MG_2897.jpg 


_MG_2898.jpg 

_MG_2902.jpg  

 

 

夜になるとバンドの

生演奏をここで聴くことが出来ます。

 

 

 

船の上に上がれば、大海原を見渡せるオープンデッキが船の後方に

 _MG_2894.jpg 


_MG_2893.jpg 

 

 

 

 

船の真ん中には開閉式の屋根がついたメインプールがあります。

プールの横には温水のジャクジーも付いてます。

 

_MG_2885.jpg 



_MG_2886.jpg 

 

 

 

 

 

日本人にはあまり馴染みのないカジノも船にはあります。

 

_MG_2906.jpg 


_MG_2905.jpg 


 _MG_2904.jpg 
 

 

スロット、ルーレット、ポーカー、ブラックジャックなどが楽しめます。

船内ではジャックポットビンゴが開催され、最高金額50万円が当たることも。

 

ちなみに僕が会ったゲストで、船のカジノで200万勝ったという人もいました。

夢がありますね〜

 

 

 

こちらはビッフェレストラン

ビュッフェは クルーズ料金に含まれているので追加料金なしで好きなだけ食べられます。

 

 _MG_2896.jpg 


_MG_2890.jpg 


_MG_2888.jpg 

 

 

 

その他にAngelo(イタリアン料理), Dragon Lady(アジアン料理), Salt Grill(肉料理), Water Front(一般料理)と4つの有料オプションのレストランがあります。

 

 

 

 

ワインセラーもあったりします。

 

 _MG_2914.jpg 

 

 

そして、僕の職場であるSPA

 

_MG_1346.jpg 

 

サロンでは、ヘアー、ネイル、バーバリング、ティースホワイトニング

 

_MG_1319.jpg  

 

_MG_1321.jpg  

 

 

 

 

ホットシート、ミネラルバス、スチームサウナがあるVIPエリア

 

_MG_1627.jpg  

_MG_1642.jpg  

_MG_1634.jpg  

 

 

ゆったりくつろげるリラクゼーションルームなどもあります

 

_MG_1367.jpg  

 

 

 

ジムは無料で使えるので、クルーズに行く際はトレーニングシューズとトレーニングウェアは忘れずに持って行きましょう!

 

 _MG_1370.jpg 

 

 _MG_2772.jpg 


 _MG_2766.jpg 

 

_MG_2761.jpg 

 

 _MG_2776.jpg 

 

 

 

 

 

スパには世界各国からセラピストが集まっているのでいろいろな国の人に会えますよ!

ちなみにスパが船内で一番可愛い子が集まっている場所です。要チェックやで。

ショップやアートスタッフにも可愛い子は多いですけどね。

 

 _MG_1278_.jpg 

 

 

 

 

ちなみに、クルーとゲスト間での特別なやりとりは禁止されているので、船でクルーと恋に落ちるかもという淡い期待はしないでください笑

 

たまにスパの子に本気でアプローチしてくるゲストがいますが、万が一何か起きてそれが船にバレてしまうと速攻クルーはクビになるのでそんなリスクを冒してまで親密になってくれるクルーはまずいないので、船での出会いはゲスト同士で、クルーはクルー同士でしかないと思ってください。

 

それでも本気で恋してしまった場合は、こっそり連絡先を交換して船を降りてからアプローチをしてくださいね笑

 

 

 

ちなみに、僕がPacific Edenに乗ってる間にバーテンダーが2人ほどゲストを自分の部屋に連れ込んだことが発覚してクビになりました

 

 

 

なのでまったく何もないとは言い切れないんですけどね笑

 

 

まあ、その辺は自己責任でお願いします。

 

 

 

 

 

もし、オーストラリアへリーズナブルなクルーズ旅行をしたいと考えているのであれば、P&O Australiaを候補として考えてみるのも悪くないですよ。

 

 

 

だいぶざっくりとした感じになりましたが、とりあえず今日はここまで。

 

 

 

 

 

 

Mits

関連記事
スポンサーサイト
初めの一歩へと続く物語 | Home | 英語を話したいのなら

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。